「パスク、あの場所で待っている」 ※Kitten Heart BLOGより移植

第16話 (2015/12/01 update)

 ビーフォンが置いていった金で、浴場は修復……というよりもう建て替えか。順調に小屋組の建築は進んでおり、元の浴場に戻りつつあった。また襲われて巻き添えで壊されてはいけないと、簡単に作った湯船の中に、源泉から引いてきた湯で治療に専念していた。源泉より下の位置にあり、かなり奥の方に作ったので、ここならすぐに見つからないだろう。
 数日後には傷口も塞がり、無理なく動けるようになった。八割ぐらい回復といったところだ。

 昨夜は雨が降ったらしく、草木が雨露で光り輝いていた。実家の庭は広く、その一角に池を作ってあり、そこで川魚を飼育している。朝から池の脇で素振りをひたすら続けて、体の具合を確かめた。
「おっと。来客か……!」
 突然なにかが飛び込んできたかと思いきや、一匹のアマガエルだった。
「お前……。こんな所に飛び込んできたら、真っ二つだぞ」
 幸いにも素振りに使っているのは真剣ではなく、木刀だが。
「そして、もう一匹。来客か……」
「久しぶりだな、パスク」
 オレが初めて候補に入り、最初に戦った相手であるディンモ・テオ。あの時は力の差を見せつけられ惨敗だった。
「テオか……。そうだ! これ、やるよ」
「うおぉぉぉ……!」
 先ほどのカエルをテオに投げてみたら、やや小柄ながらも筋肉質の男からは思いがけないリアクションを見ることができた。
「こんなちっちゃいカエルごときで驚くなよ。山育ちじゃなかったのか?」
「カエルだけはダメなんだよ……」
 テオが振り落としたカエルを拾い上げ、池の方に帰してやった。
「それで何のようだ? 湯治か」
「それを言わせるつもりか?」
 だよな……。そんなわけないよな。
「ここはまずい、場所を変えてくれ。他の民家もあるんでな」
 テオをここから離して広いところでやろう。その方がいい。
「結構広いところがあるんだ。人も来ないし、ちょうどいいんだ」
 急にテオが立ち止まり、何か冷たい視線を背中で感じた。
「まさか……。ビーフォンと同じ手で倒そうなんて考えていないだろうな?」
「ちっ。見ていたか……」
 影で四人見ていたのは気づいていたが、テオとそれぞれの監視員三人ってわけか。
「だいたい、この辺りの地形は理解した」
 そりゃあ、ここに何度も来ていたら覚えるだろうな。ビーフォンとの決戦の地は、テオは知らないだろうと思っていたが、手を打たれてしまった。

「ここだったら、いいだろ」
 連れてきたのは広い平原で、所々に木々が自生していた。ここも雨で湿っており、水溜まりもちらほら存在していた。
「他にないのか?」
「だったら、別の日にしてくれ」
「まあいい。お前を倒すのに環境は関係ない」
 しかし、テオは強い。数回対戦したうち、あと一歩まで追い詰めたことはあるが、それまでだった。奇襲作戦を使ってくる先日の卑怯者とは違い、面と向かってきたので少しの間だったが策は考えた。
「今度こそ、勝たせてもらいます」
 両者全力で蹴り出し、乾いた金属音が辺りを響き渡った。

第17話 (2015/12/09 update)

 両者の剣が当たると、そのまま力比べになった。ややテオの方が上回り、たまらず後ろに引き下がった。それをテオは見逃さず、更に押し込んできた。必死の思いで振り払い、テオから遠ざかった。
「甘いんだよ」
「くそっ……」
 やはり力勝負を真っ向からやっていては勝ち目がない。落とし穴だらけだった森とは違うが、ここもぬかるみやすい所はいつも決まっている。
「そんなに悔しがることない……。すぐに終わりにしてやるよ!」
 そう言い放つと、速攻でテオが向かってきた。すぐさま受け止めたが、切り替えされ連続攻撃を繰り出された。耐え抜いて、とにかく耐え抜いて、チャンスを探した。
 テオも結局生身の人間。息継ぎで手を休めた僅かな瞬間を見逃さず、押し込むように斬りかかった。
「うぅ……!」
「……避けたな!」
 体勢を崩しながらも避けられた。でも、それでいい。なぜならその先には深めのぬかるみが……!
「……っぶね!」
「な……!」
 ビーフォンだったら確実に填まっていたはずなのに、素早く回避し体制を整えきた。
「だから。ビーフォンと同じ手で、やられるか」
 本当にこの辺りの細かい部分まで把握しているみたいだ。あんなの、その場の判断だけで避けきれない。どうするか……。
「お手上げか? 今だったら、降参しても受け付けるぞ」
「誰がだよ!」
 いかにも余裕そうな表情を作ったが、テオが見抜いたとおりお手上げに近い。スピードは向こうの方が上。トリッキーなことをやっても読まれている。けど、まだ作戦はある!
 猶も、テオの剣は休むことなく振りまわった。時折見せる隙を狙いつつ交わして耐えた。あいつだって、そのうち……いずれ……。

 朝は晴れていたのに、少しずつ辺りが薄暗くなってきた。気づくと小雨が降ったり止んだりの繰り返しだった。
「しめた!」
 隙ができた上、体勢を崩した。これだったら避けられないだろう!
「残念」
 それは、あっさりと避けられてしまった。
「あーあ。チャンスだったのに……。パスクは気づいていないのかな……?」
 振った瞬間、自分でも気づいた。あっさり避けたんじゃない。簡単に交わせる程度の力しか出せなくなってきたからことに。持久戦に持ち込んで、体力が切れるのを待った。しかし、受け身になりペース配分が狂わされ、体力を奪われたのはオレの方か……。この作戦すら読まれてしまったか。
「これが最後にしてやるよ。降参するなら」

——なんでいつもテオに勝てないんだ!

 テオが全力で向かってきた。まだ向こうは体力があるのに、オレは……。よろけて尻を地につけたが、その時なにか左手にぬめっとした感触があった。一瞬手を引っ込めたがすぐさま正体に気づいた。大きさも手頃、片手で持つにはギリギリのジャストサイズ。
 少々ずるいかもしれないが、これに全てを賭けるしかない!
 それをテオ目掛けて投げてみたら、予想通りの展開で慌てふためいた。
「地形は把握していたみたいだが、カエルは想定外だったみたいだな!」
 残る力を振り絞り、全力で愛剣を振り抜いた。

第18話 (2015/12/17 update)

「それくらいで、やられるか!」
 テオが振り抜いた剣はオレを直撃……することはなかった。
「そんな取り乱して振ったもんなんて、当たらねえよ!」
 体力が僅かでも、狙うべくポイントを突くくらいのことはできる。テオの剣を振り払うと、宙を舞いながら遙か遠くの地面に突き刺さった。
「降参か? 今だったら受け付けるぞ」
 救ってくれたカエルを拾い上げて、テオの顔に目掛けて投げるフリをしてみた。
「うおぉぉぉ……!」
 それを見るなり逃げだし、自分の剣を拾って遠くに行ってしまった。本当にカエルが苦手なんだ……。
「君のお陰で助かったよ……」
 勝利をもたらしたカエルをそっと大事に抱えて、よろけながらも起き上がった。連れて行きたかったが、お互いそうもいかないだろうと、池のそばに帰すことにした。
「長生きしてもらわないとな……」
 近くの池に帰してやろうと、疎らに自生している木々を沿うように平原を進んだ。しかし、今朝からずっと気になっていた存在が跡をつけてきた。
「なあ、今のはオレの勝ちでいいんだろ?」
「もちろーん」
 木の上に隠れている人影に話しかけると、元気よく降りてきて答えてきた。
「やっぱりお前か。ところでオレは今、どれくらいの順位なんだ?」
「それは、あたしも知らない。あくまで上に報告するだけだもん」
「冷たい監視員だな……」
「そういうルールなの」
「だったら、オレが話しかけたら出てくるな。そして答えるな。お前くらいだよ、真っ向から応じる監視員って」
「だって。暇なんだもん……」
 小さな手で大きな欠伸顔を隠したが、眠そうなのがよく分かる。そして、可愛らしい童顔が台無しだ。人が必死の思いで戦っているところを、退屈そうに見ていたのか。
「仕事しろよ……」
 どうもコトミはオレの担当監視員の一人らしく、唯一なぜか話しかけてくる。他の候補者にも聞いたが、担当監視員の顔すら見たことがないと異口同音だった。当然オレも彼女以外は見たことがない。
 コトミは現在21歳。なぜはっきり分かっているかというと、数年前にこの仕事に就いたばかりの頃に近寄ってきたので、冗談半分で子供扱いをしてみたらブチ切れて言ったからだ。
「早く交代の時間にならないかな……。眠くって……」
 また欠伸を繰り返す。眠気覚ましのつもりか細身の体を小刻みに動かし、そのたびにミルキーベージュのショートヘアが左右に動き回る。
「それなら。眠気覚ましに、これを……」
 恩人をコトミに手渡してみた。
「い……やあああぁぁぁ!」
 恩人を無礼にも放り捨てたので、残り僅かな体力を振り絞って、地面すれすれの所で手中に収めた。
「オレの大事な恩人を……!」
「だって! 気持ち悪いんだもん……」
 触った感触が気に入らないのか、引きつった表情で頻りに右手を擦っていた。
「あたし、帰る!」
「監視の仕事は?」
 バレきっているが、隠れるところを探していたコトミは立ち止まり、振り返った。
「別に。報復で言うつもりじゃないですけど……」
 その先をなかなか言い出さなかったが、やっと切り出した。
「……実際、あたしは順位を知らないです。けど、パスクさん。今回こそがんばらないと、まずいんじゃないかな……? 参謀総長が気にしていましたよ」
「マジか……」
 その単語を聞くなり、血の気の引いた顔を歪めた。それを言い残すと彼女は木の上へと去っていった。といっても交代まで近くにいるのだろう。

 参謀総長か……。この選考会を取り仕切り、最終判断を下す人物。今回決めないと、候補すら落とされる可能性もあるな……。


13話〜15話-19話〜21話