「パスク、あの場所で待っている」 ※Kitten Heart BLOGより移植

第19話 (2016/01/16 update)

 テオの対戦で傷ついた体を、例のごとく自作の浴場で癒やしていた。今まで負った傷も、ほぼ全回復して元の体力に戻った。フルパワーで動けるが、それだけじゃ勝てない。テオの時は運良く助けられたが、毎回そうはいかない。パワーアップを図らなければ……。

 買い出しも兼ねて、気分転換に街へ降りてみた。ここは湯治客が集まり賑わっている。石畳が所狭しと並べられて、立ち並ぶ建物もモダンでありながら古さを残している。オレの実家一帯も含めて、この辺りの雰囲気と比較したら、ここだけ異世界だ。
 そんな異世界に迷い込んできたのか、明らかに浮いた存在が朝の温泉街をうろつき、聞き慣れた固有名詞を連呼していた。
「パスクって男を知りませんか?」
 全身を銀色に輝く鎧が、動きづらそうに周辺の人に聞き込みをしていた。とっさに隠れて様子を見ることにした。背丈は低く、時折小さな段差に転げる始末。俊敏とはとてもかけ離れており、お世辞にも言いがたい。
 手当たり次第聞いてまわっているが、これといった答えはたどり着けていなかった。それもそのはず、この街でオレを知っている人間は多くいる。だが、居場所となると細かく知っているのは数が限られている。そう簡単には見つからないよ。

 全身銀色鎧をうまく交わしながら、用事を片付けていった。昼になり、知り合いの店で飯を頂こうと目の前まで来たら、あの鎧が店の前をうろついていた。これじゃ飯が食えない。
 そこで、ちょうどいいサイズの籠を温泉街の店から調達してきて、それを頭に被り近づいた。
「ちょっと、そこの人」
 あれ……? なんかこれ、以前誰かがやっていたような気がする……。まあ、別にいいか。
「パスクの居場所を知りたいのかね」
「はい。知っておられるのですか?」
 中で反響しながら聞こえてきた声から察するに、鎧の中身は二十台前半の男といったところか……。
「そうじゃな……。あの山の奥に住んでおる」
 実家がある方角とは、真逆の方向を指し示した。
「ありがとうございます。感謝いたします」
「なにゆえ、パスクとやらに用事があるのじゃ?」
「はい、ある人と立てた誓いを果たすためです。候補者の中でも特に弱いと聞いておるので、ボクでも倒せそうだからです!」
 こいつ絶対に許さねえ。しかし、煮えたぎる怒りを抑えて、平然を装った。
「気をつけていくのじゃよ」
 そう聞いて、教えたとおりの方向に向かっていった。言ってやったそばから石畳に足を取られて、大きな金属音が辺りを響き渡らせていた。起き上がり、再び歩みを進めた。これで当分、ドジな鎧男とは会うことはないだろう。
「これで、飯がゆっくり食える」

 なじみの店に入ると、そこそこの広さは誇っていたが、それでも人で一杯だった。空いているところを探して、ちょうど奥のテーブル席が空いていた。席に着くと被っていた籠を床に置いて、ちょうど良くその中に荷物を入れた。
「混んでいるな……」
「昼時だからな。パスクさん、いつものでいいか?」
 忙しいのにも関わらず、カウンターの向こうにある厨房から店主が声をかけてきた。相変わらず威勢が良く、元気そうにやっていて安心した。
「ああ。もちろん」
 この店はいろいろと揃っている。がたいの良い店主が手打ちの麺料理が得意なこともあり、それが看板メニューにもなっている。オレはそれにトッピングのアレンジを加えてもらっている。
「……にしても、籠なんで被っちゃって。なんかの真似かい?」
「確かに、そうかもな」
 あいつは、元気にやっているのだろうか。
「それにしても、随分と繁盛しているな」
 前に来たときは、昼時でもこんなに混んでなかったのに。
「へへ、お陰様で。人手が足りなくて、この通り人を雇い入れました」
 三十代の店主より、ひとまわり若い男二人が店内を忙しく動き回っていた。
「へい、いらっしゃい!」
 また一人、入ってきた客に声をかける。
「あいにく、この通り混み合っておりまして、相席になってしまいますが……」
 手伝いの一人の方が接客した。
「構いません。お願いいたします」
 すると、その客はオレの前の席に座った。
「遠い山奥に行くんだったら、まず腹ごしらえをしておかなければ」
 あの鎧男が、よりによって戻ってきやがった。まずい……。
 頭の部分だけ外すと、やや少年ぽい顔立ちで肌が茶色く焼けた坊主頭の男だった。子供っぽさで言ったら、コトミといい勝負だ。……いや、コトミの方が子供っぽいか。
 しかし、何度も視界に真向かいに座るオレの顔が入っているはずなんだが、気にとめる様子は全くなかった。せっかく苦労して逃げ回ったのだが、まさか……?
「へい。パスクさん、おまち!」
 店主が、余計な単語と一緒に注文の品を持ってきた。
「あ、あなたが、パスクさん?」
 ほら、気づいちゃったじゃないか!
「ああ。確かにそうだが……」
「ええぇぇぇ……!」
 こいつ。候補に入りながら、やっぱりオレの顔を知らないのか。
 でも、まあいい。

——こいつなら絶対に勝てる!

第20話 (2016/01/23 update)

 遠方の国で修行して、この店を開いた店主の料理は以前より美味くなっていた。スープの中に麺が入っているのだが、これが絶妙なバランスがとれていた。
 ムギと名乗った鎧男は、出された料理に不満げだった。
「ボクの地元の方がおいしいです」
 こいつ、本気で許さねえ。
「どこから来たんだよ」
「蓋名島です」
 蓋名島か……。ここから西の方にある島なのだが、周囲がかなりある大きな島になっている。そこでは、それぞれ独自の文化が根付いている。古くから修行で出向く人もおり、信仰の場所とも言われている。そういえば、あの二人も共に蓋名島出身だって言っていたな。

 お互い腹を満たし、ムギがしつこく決闘をけしかけるので、店で一息つくこともなく出ることにした。買い出した荷物は、金銭と共に店主に預けた。ムギのやつ、不味いとか言いながら全部食いやがって。
 連れてきたのは街から外れて、山の中に入っていった。ビーフォンやテオで使った場所でも良かったのだが、ここからだとちょっと遠い。それに、こいつの実力が分からない。なので、選んだ場所はこの温泉地と源泉がある中間点、冷却に使っている大きな溜め池付近に決めた。山の中腹に位置するのだが、広々とした場所がある。人も来ないしいいだろう。
「パスクさん、覚悟!」
 腰に付けていた剣を引き抜き、鎧と同様に光り輝いていた。そして、勝ち誇ったかのように剣先をこちらに向ける。
「……自信があるみたいだな」
 不意打ちでもされるのかと警戒したのか、店を出てから相変わらず全身を鎧で包んでついてきた。その結果、重い鎧でキツイ山道を登り、息が上がってしまった。息苦しいのか、大きく呼吸を整えているが、既に体力を消費しているのがよく分かる。
 ますます、オレに勝機が見えてきた。これは無傷で勝てそうだ。
「スキあり!」
 ムギは、金属音がぶつかり合う音を立てながら向かってきた。一瞬だった。蹴り出してからの一連の流れ。深く突き刺さる剣に、オレは言葉も出なかった。
「こんなハズじゃないです!」
 蹴り出してから、すぐさま転倒。その時に剣を地面に突き刺してしまい、必死に抜こうとしていた。これはもう、なんて言ったらいいのか……。ムギに勝ち目があるのか。
「仕切り直しです!」
「頼むから、普通にやってくれ」
 今度こそ、オレに向かってきた。だが、動きが遅い。すぐに受け止めた。まるで動きが止まっているようで楽に交わせる。
 ムギの攻撃はともかく、問題はあの鎧だ。付け根を幾度も狙ってみたが、弾き返された。相当丈夫に作られている。あれをどうにかしないと、勝負を決めることができない。脱がせるのが最良の手か。
 しかし、あれを着て戦うのは体力消費が激しいのだろうな。荒々しい呼吸音が中で反響して、よく聞き取れる。
「汗をかいただろう。ひとっ風呂入って来い」
 ムギの攻撃を交わして、湯気が立ちこめる溜め池に突き落とした。溜め池の中からムギは叫び声を発した。様子を見に降りてみると、あの重い鎧は脱ぎ捨て、すぐ近くにあった水溜まりの中で、こちらを睨み付けていた。
「なにをするんですか!」
「いい汗、かいただろ」
「冷や汗です!」
 言うこと言うな……。
「もう……! 本気です!」
「あれは本気じゃなかったのか……」
 冷えた水溜まりから飛び出したと思いきや、かなりのスピードで飛びかかった。こんなトロいやつが、なぜ候補者入りができるのか。その理由は、だいたい予測がついていた。重くて動きづらい、あの鎧のせいであること。実際ある程度速く動けるのは見当がついていたが、このスピードは想定外だった。
 風を切るような太刀捌きを避けきれず、左頬を切ってしまった。

第21話 (2016/01/30 update)

 深くはないが、痛みと左頬を伝うものを感じた。この程度の傷は、選考会中に二つ三つ受けるくらい珍しくない。
「降参しても、いいですよ?」
「軽く切ったくらいで、するか!」
 小生意気にも、ちょっと当たったくらいで調子づくムギに、苛立ちを感じずにはいられなかった。しかし、危うく本気で降参しなければならない状況になる所でもあった。
「これからが本気です!」
 いったい、どれが本気なんだ……? しかし、そんな悠長なことは言ってられない。
 ムギの蹴り出し。速い、とにかく速い。ほぼ真っ直ぐ突進して来た。
「うっ!」
 オレはギリギリ交わした。
「やっ!」
 猶も手を緩めないと、斬りかかった。それはあっさりと交わせた。
 閃光のごとく動き回るセーキじいさんよりやや劣るが、ムギのあのスピードは伊達じゃない。
 ならばと、仕掛けてみた。右に、左に、斬りかかる。やはり避けられる。隙を突かれてしまい、攻守逆転されてしまう。隙を作らせないと、次々に攻めかかってきた。
 これじゃ、避け続けるしか手がないじゃないか。
 しかし……。
「だいぶ、息が上がっているな……。あんな重たい鎧なんか着て、動き回るからだよ」
「あれは受け継いだ大事なものです。そう簡単に捨てられないのです!」
 脱ぎ捨てて身軽になったとはいえ、これまで消費していった体力は計り知れない。
 ムギは息を整え、再び斬りかかってきた。
「はっ!」
 依然として、あのスピードを維持してくる。まだ若いから回復も早いのだろうか。緩めることなく振り続けてくる。オレの方が体力が、また無くなってくる。
 初めてムギと戦ったが、ひとつ分かってきた。突進してくるスピードは圧倒的だが、切り替えが苦手らしい。意表を突いて横に切り返したときの対応が遅れている。そこをついて斬りつけてやりたいのだが、すぐさま交わしてくる。
 鎧を着て無様な姿を見せるより、着ない方がよっぽど良い動きをするのに、なんで閉塞感と重量感を思う存分楽しめる鎧にこだわるんだ。
「そんなに逃げてばっかりでは、負けますですよ!」
「逃げてばっかりか……。時間も稼いだし、そろそろいいか」
 ムギが手を休めた瞬間を狙い、勢いよく踏み込み愛剣を引き抜いた。ムギはそれを剣で受け止めようとした。
 周囲には高い金属音が響き渡った。
「剣が……。欠けた……」
 上半分が吹き飛んだ剣を、呆然とムギは見つめていた。
「お前を溜め池に落としておいて、正解だったよ」
「なんで……? なんで……!」
「ここの源泉は強酸性でな。腐食した剣だったらオレでも切れる」
 何かに押さえつけられているように、ムギは固まっていた。そして我に返ったのか、突然泣き叫びだした。
「父上との誓いだったのに!」
 その言葉に心をえぐられた。
 泣きじゃくるムギから聞き出せたのは、騎士として名のある父の指導の下、幼少の頃から騎士団入りを目指した。候補者に選ばれた際、あの鎧と剣を受け継いだらしい。
 街を下った先に、腕の良い鍛冶屋があることを教えて別れた。

「父親との誓いか……」
 勝ったのに、なんとも後味が悪くてたまらなかった。こんなこと選考会では珍しいことではないし、『twenty』になれば尚更あること。でも、このことが引っかかって仕方がなかった。
 オレも果たさなくてはならない約束がある。怪我も治りほぼ元の体力に回復した。そろそろあいつに、会いに行くか……。

 その夜。一睡してから、荷物をまとめて実家を出た。また暫くしたら戻ってくるよ。寝静まる愛するべき村を後にした。
 山を下りながら、空を見上げた。雲がなく、無数の星が光り輝いていた。思いに深けながら目的地へ歩き続けた。


16話〜18話-22話〜26話