Last Kitten Heart prologue

夏実:明けましておめでとうございます。夏実です。

ナナ:ナナです。

由樹:由樹です。

留恵:留恵です。

陽介:陽介です。

ナナ:ついに最終回だね。

由樹:今思ったんだけど、なんで夏実ちゃんだけに新年のあいさつをさせるの?

留恵:去年はいろいろあったね。

ナナ:いろいろ暴れましたね。

陽介:無意味なこともやった気がする。

夏実:でも、今年は一生懸命やろう!

四人:おーう!

由樹:…また、今年も無視ですか?

留恵:今年もいろいろあるんだろうね。

ナナ:いろいろ暴れますか?

陽介:無意味なこともたまにはやろう。

夏実:みんなでがんばろう!

四人:おーう!

由樹:…何で夏実ちゃん中心にやっているの?

留恵:Kitten Heart代表だからでしょ?

陽介:うん。

由樹:Kitten Heart代表って、陽ちゃんでしょ?

ナナ:夏実ちゃんでしょ。

由樹:いつから?

夏実:何となくそうだったよね。

由樹:………何となくって。この際ちゃんと決めよう、Kitten Heart代表。


ナナ:由樹ちゃんのわがままによりきょうの議題は『Kitten Heart代表は誰か?』です。

由樹:わがままじゃないと思うけど。

夏実:『代表』じゃなくて『総帥』にしよう。

陽介:Kitten Heartも一応組織だからね。

ナナ:じゃあ、改めて『Kitten Heart総帥は誰か?』

由樹:めずらしく夏実ちゃんが意見を出した。

ナナ:選考方法はどうする?

留恵:じゃあ、メンバー内で決めよう。


陽介:今年は夏実ちゃんと由樹ちゃんが立候補しました。

由樹:夏実ちゃんは、推薦です。

留恵:開票は私がやります。

陽介:そうだね。

留恵:じゃあ、開票します。まず1枚目。夏実ちゃん。理由は、がんばってほしいから。

ナナ:そうだね。

由樹:今のナナちゃんだね。

ナナ:無記名なのになぜそう考えるの。

由樹:ごめんね。

留恵:2枚目。由樹ちゃん。理由は、自分しかいないと思うから。

ナナ:由樹ちゃん。無記名で投票って言ったでしょ。

由樹:選挙管理委員の留恵ちゃん、ごめんね。

留恵:3枚目。夏実ちゃん。理由は、夏実ちゃんならだいじょうぶ。

由樹:さっき意見出したから?

陽介:そうでしょ?

由樹:今の陽ちゃん!?

ナナ:あと一票で夏実ちゃんに決まるね。

夏実:みんなありがとう。

留恵:運命の4枚目。夏実ちゃん。理由は、一生懸命だから。

由樹:今の誰?

ナナ:由樹ちゃん。いちいち気にするね。

留恵:過半数越えたので夏実ちゃんに決定。

夏実:みんな本当にありがとう。

留恵:ちなみに5枚目。夏実ちゃん。理由は、何となく。

由樹:何となく自分に入れるな。

夏実:よくわかったね。

由樹:うん、何となく。


陽介:2002年のKitten Heart総帥も決まりました。

夏実:Kitten Heart総帥の夏実です。

ナナ:これで全計画が終わったね。

留恵:来月からどうする?

陽介:タイトル変えなくっちゃね。

夏実:そういえば由樹ちゃんはどうしたの?

由樹:………なんで私じゃないの?

留恵:すねてるね。

ナナ:無視しよう。

陽介:話は変えて来月からのタイトルはどうする?

ナナ:横文字にしたいね。

留恵:え?私はイヤ。

夏実:私は横がいいな。

留恵:そうしよう。

由樹:ちょっと待て。それはおかしいぞ。

陽介:別におかしくないでしょ。

由樹:電話しようかな………。

夏実:タイトルに『Kitten Heart』って入れたいね。

ナナ:そうだね。

陽介:あと何か付け足したいね。

留恵:The Kitten Heartは?

由樹:留恵ちゃん、それもおかしいぞ。

ナナ:由樹ちゃんがおかしい。

留恵:ナナちゃんの言うとおり。

由樹:こういうことはこれで最後にしてほしいな。

夏実:最後って英語で何?

陽介:FinalとかLastとかじゃなかった?

夏実:『Last Kitten Heart』って何かいいよね。

ナナ:いいと思う。

留恵:賛成。

陽介:もちろん賛成。

由樹:『こういうことはこれで最後』っていう意味なら賛成。


ナナ:それでね、Last kitten Heartで何がやりたい?

夏実:『かくれんぼ』とかしたいね。

由樹:そういうことじゃないと思う。

陽介:『かくれんぼ』がダメなら、『鬼ごっこ』

由樹:だから違うって。

留恵:じゃあ、『追いかけっこ』は?

由樹:違うよねえ?ナナちゃん…

ナナ:実はボク、『ドッチボール』がやりたいんです。

陽介:やろう。ドッチボール。

由樹:Last kitten Heartでドッチボールやってどうするの?

留恵:体、動かさないとね。

由樹:みんなの健康のために『ドッチボール』をやろう。

夏実:そうだよね。

ナナ:そんな冗談は置いといて、ほんとにLast kitten Heartで何がやりたい?