Last Kitten Heart experiment

夏実:夏になったね。

留恵:暑いから決めること決めましょう。

由樹:何を決めるの?

ナナ:そうだね。さっさと決めよう。

由樹:また無視?そのうちグれるよ。

留恵:グれるって何するの?

由樹:夜更かししてやる。

留恵:勝手にしな。

陽介:そろそろ引っ越しの役割分担決めましょうか。

由樹:分担?

留恵:引っ越しで正直これを長くとれないんだよ。

ナナ:だから早めにやろうって言ったじゃん。

由樹:私…聞いてない。

夏実:小説の分担は私がやる。

留恵:それは私も手伝うから、二人は他をやって。

陽介:了解。

由樹:私は何をやればいいの?

留恵:何を勉強したらいいって………知るか!

由樹:そんなこと聞いてない。

陽介:やっぱり自主学習だね。

由樹:何が?!

ナナ:本当は新しくやるコーナーがあるんだよ。

夏実:せっかく引っ越すから文章だけじゃなくて絵の方もやろうってことになりました。

留恵:そういうことでがんばって。

由樹:なんで私なの?

陽介:誰もやりたくないから。

由樹:要するにめんどくさいことは私なのね。

留恵:その代わりに好きにやっていいから。

由樹:いいの?

ナナ:一応読み物の方がメインだから。

夏実:それなりの準備はしてあるから。

由樹:何か期待されている気がする。

留恵:でも、みんなやりたくないから。

陽介:じゃあこっちも何か新しいことをしようか。

ナナ:いいね、やろうよ。