Last Kitten Heart departure

夏実:でも、生きているといいね。

陽介:仮に生きてていても由樹ちゃん殺されちゃうかも………。

夏実:…なんで?

陽介:…仲悪いじゃん。

ナナ:確かに。いま留恵ちゃん、完全武装しているし。

陽介:あのリュックの中身なんだろう。

夏実:ホントにそうしちゃうのかな?

ナナ:しないでしょ。留恵ちゃんだってあんなこと言っているけど本気じゃないよ。

陽介:言えてる。単にからかっているだけでしょ。

夏実:そうなの?

ナナ:逆に由樹ちゃん、からかいやすいし。


由樹:助かったの?

留恵:そうみたいだね。

由樹:このふかふかしている雪のおかげかな?

留恵:じゃあ、次は由樹をボコボコにするか。

由樹:いーやーだー!

留恵:ほら、行くよ。

由樹:…どこへ?

留恵:…地獄。

由樹:いやー!!!

留恵:うるさいなぁ。

由樹:やだ。やだ。やだっ。

留恵:黙らないとホントに地獄に連れて行くよ。

由樹:わかったからナイフしまってよ。

留恵:じゃあ、行くよ。

由樹:…どこへ?

留恵:あの世。

由樹:やだ。死にたくない。やだー。

留恵:おもしろいな。

由樹:留恵ちゃん、怖いんだもん。

留恵:じゃあ、その怖さ見せてあげようか?

由樹:いやっ。

留恵:泣くんじゃないの。

由樹:…(ぐすっ)……うん。

留恵:すぐに楽にしてあげるから。

由樹:怖いっ。

留恵:もういい加減にしてあげるから。男の子が泣くんじゃないの。

由樹:だから、私は………。

留恵:わかったって。

由樹:もう…。

留恵:もういい加減に行くよ。

由樹:どこへ?

留恵:そのボケを期待する目は何?

由樹:期待してない!留恵ちゃん怖いんだもん。

留恵:そんなに怖い?

由樹:怖い。

留恵:もう、由樹ちゃんのおバカさん。殴ってあげる。

由樹:いやーっ。

留恵:優しく言ったのに。

由樹:声だけじゃん。