Last Kitten Heart biscuit

夏実:そしたらこれを茹でて…。

留恵:夏実ちゃん。何してるの?

夏実:楽しいこと。

留恵:交ぜて、まぜて。

夏実:じゃあこれに唐辛子入れて。

留恵:好きなだけ入れていい?

夏実:うん。

由樹:何であんな問題がわからなかったんだよ!!

陽介:身近すぎて気づかなかった。

ナナ:まあまあ。わからなかったものは仕方がないし。

由樹:お前が一番解れよ。

ナナ:なんで?

夏実:おかえり。

由樹:これでいい?

夏実:うん。

留恵:三人とも、話があるんだけど。

陽介:なに?


留恵:私には大切なものがある。

由樹:どうしたの。そんなに改まって。

留恵:Kitten Heartという仲間。そして、それを支える『きとぅん・はーと』。

陽介:それはみんな同じだよ。

留恵:だから無くすようなことはしたくない!

ナナ:うん。

留恵:たとえオカマ(由樹)とデブ(Yuna)を蹴り落としても!

由樹:私は大切じゃないのか!…まあ、Yunaはどうでもいいけど。

留恵:その部分はウソとして。

由樹:ウソにして。

留恵:じゃあ、Kitten Heartにとって何が大事か?

陽介:なに?それ?

留恵:つぁいとるだあぁぁぁぁ!!!

由樹:大声に出したけど、『タイトル』ね。もう少しまともに言えよ。

留恵:エコーつけた方がよかった?

由樹:いらないよ。

陽介:タイトル?

留恵:そうタイトル。ラスきとのタイトルなんで最近いい加減じゃない。

ナナ:確かに。

留恵:こないだは何?『Yunaとブタ』?

由樹:『ヘビとブタ』だよ。まだまともだったけどね。

留恵:要するにタイトルを考えてほしいというわけです。

ナナ:たとえば、『夏実と愉快な仲間たち』みたいな。

留恵:そう。でもこれが『不愉快な』だったら大変だよ。そんなに嫌かってね。

ナナ:不愉快だったら仲間じゃないじゃん。

留恵:実際は仲良しですけど。

由樹:珍しく最初に行きますっ!

留恵:言ってごらん。

由樹:『かわいい由樹ちゃんの…』

留恵:却下。

由樹:なんで!

留恵:だったら続き考えようか?うーん。『…瀕死体』

由樹:やめてよ。

ナナ:昔のラスきとのタイトルを参考に『気まぐれ温泉旅行…』

留恵:それだけ?

ナナ:『…行ったら干上がってた』

由樹:ちゃんと下調べしないからそうなるんだよ。

陽介:推理小説。『殺人列車は止まらない。』

留恵:いい感じじゃない。

陽介:『…三人ほど、ひきました。』

由樹:事件は中で起きてるんじゃなくて外だ。

ナナ:推理小説なのに犯人がほぼわかっているね。

留恵:残酷なのはやめようよ。

由樹:最初に言ったのは自分だろ!

夏実:ケーキがふっくら焼けました!

留恵:Yunaもふっくら…。

由樹:やめなって。

留恵:焼いたらどうなるんだろう?

陽介:『厚切り焼きYunaラーメン。ちょっと塩味』とか?

由樹:チャーシューの代わりにするな!

夏実:何話していたの?

留恵:ラーメンの具について。

由樹:違うでしょ!

夏実:私はミソがいいな。

由樹:あのね、夏実ちゃん。ミソが具じゃなくて味でしょ?

留恵:夏実ちゃん、あれできたの?

夏実:うん、できたよ。

由樹:あれって何?