Last Kitten Heart precious

夏実:でも、あとで食べるんだよね?

由樹:たーべーなーい!

陽介:由樹ちゃんって言ってないけど。

由樹:あ、そうだった。

ナナ:解説すると、キノコのことです。

留恵:もう、いいでしょ。キノコ。

由樹:そういえば、温泉ってどんなところなの?

ナナ:温かいお湯がわき出ている泉だよ。

由樹:そうじゃない!

留恵:どんな感じなのか、聞きたいんでしょ?

由樹:そうだよ。

留恵:こんな所だよ。はい、ガイドブック。

由樹:良さそうな場所だね。

夏実:あ!見せて!

陽介:このお店のこれ。おいしそう。

ナナ:こっちのもいいんじゃない?

夏実:だったら絶対こっち方がおいしそうだよ。

由樹:もしかして食べ物屋さん?

ナナ:どこでキノコを調理してもらおうかと。

由樹:いい加減にしてよ。

ナナ:でも、景色がきれい。

陽介:ノスタルジックでいい。

夏実:楽しみだね。

留恵:ごめん。そこ違うところだった。

由樹:なんなんだよそれ!

夏実:あ、でもこっちも景色がいいよね。

留恵:そうでしょ。

ナナ:ゆっくりできればどこでもいいんだけどね。

留恵:もう少し、夢持とうよ。

ナナ:じゃあ………わぁ、楽しそうな温泉。

由樹:ナナちゃん、悲しくならない?