Last Kitten Heart precious

夏実:あれ?由樹ちゃんは?

由樹:…ここ。

留恵:どこ?

由樹:…落とし穴に落ちたみたい。

ナナ:あ、ホントだ。

留恵:由樹ちゃん、自力で上がってこられる?

由樹:深いよ、無理だよ、ずっと上の方だし。

陽介:何でこんなところに落とし穴なんかあるんだろう。

留恵:………そうか!罠か。

由樹:見れば分かるでしょ!

留恵:…あの、得体の知れない怪物が私たちの方へ来るでしょ。

夏実:来たね。

留恵:で、落とし穴がある森林に追い込んで罠にかけて、一気に捕まえる…つもりじゃない。

陽介:じゃあ、他にも落とし穴があるってわけ?

留恵:多分そうだろうね。

ナナ:さっきの巨人、こっちに来るよ。

留恵:正直、由樹ちゃん助けていたら、全員捕まるだろうね。

ナナ:どうするの?これから。

留恵:自力で上がれないんじゃ………。どうしよう。

陽介:んー。

ナナ:あー。

夏実:う〜ん………。

留恵:ふぅ…。

由樹:ねえ!どうするの!

留恵:………由樹ちゃん。

由樹:なに?

留恵:…はぁ。…心から、………心の底から…ホントにホントに、ごめん!

由樹:え?

留恵:みんな逃げるよ!

由樹:ちょっと待ってよ!!!


夏実:…はぁ、…はぁ。…なんとか逃げ切れたね。

留恵:はぁ…。でも、…ホントに危なかったよ、捕まりそうになったし。

ナナ:…死ぬかと思った。

陽介:そのくらいの危険性はあったよね。

夏実:でも、由樹ちゃん放置して良かったの?

留恵:いいはずがないでしょ。

陽介:どうするの?

留恵:どうするって言われてもねぇ。まず、落ち着いてから考えよう。息上がってるし。

夏実:由樹ちゃん大丈夫かな?

留恵:みんなに一応言うけど、由樹だからそうしたんじゃなく、一人でも助かる方法を選んだからね。

ナナ:これから助けに行くの?

留恵:体制を整えてから行くために、とりあえず逃げたんでしょ。

陽介:それも一つの手だけどね。

ナナ:でも、なんで追いかけられなければいけないの。

夏実:悪い事してない…よね。

留恵:だいたいにアイツらいったい何なの。

妖精:政府関係者です。

留恵:あれ?今誰かしゃべった?

夏実:留恵ちゃん、前!

留恵:なに?このキラキラ光ってる虫は。

妖精:虫じゃねぇ!妖精だ!

陽介:言葉遣い、わるい…。

留恵:何で私たちが追われなければならないの。

妖精:税金の取り立てでしょ。

ナナ:税金の取り立て??

妖精:あんなトコ通ったからだろ。

留恵:何でまた…。

妖精:最初っから説明してあげようか。

留恵:何かムカつく…。

妖精:もともとは財政難解消のために、政府機能の一部を民営化したんです。

留恵:ふうん。

妖精:だけど、いつの間にか『何でも民営化』をキャッチフレーズに政府そのものまで民営化したんです。

留恵:あ、そう。

ナナ:留恵ちゃん、少しは落ち着いて聞いたら?

妖精:そして、国民から多額の税金を取るようになったんです。

陽介:そうなんだ。

妖精:ヤツらの目的は金儲けのことしかないんです。

留恵:民間企業だからね。普通そうだろう。

妖精:そんな私たち国民を助けてください。

留恵:私たちはそういうことできなし…。

妖精:…つーか、助けろ。

留恵:誰かハエ叩きか何か持ってない?

ナナ:手でツブすのは嫌なんだね。

夏実:でも、かわいそうだよね。

留恵:夏実ちゃん、変なことには関わっちゃダメだよ。

陽介:そうだよ、ただでさえ由樹ちゃん捕まったわけだし。

留恵:それで、私たちからも税金を取ろうとしたわけ?

妖精:アイツらは税金の取り立てのために雇われた戦士です。

陽介:企業戦士だ。

夏実:由樹ちゃんどうなっちゃうの?

妖精:政府管理地を通った通行税など取れるだけ取られるだろね。

夏実:かわいそう…。

妖精:あそこを通るバカが悪いんだけどね。

留恵:誰か!殺虫剤!

ナナ:る、留恵ちゃん、お、落ち着いて。

陽介:でも、そんなこと聞いたことないよ。

妖精:多分、お前らがいた世界はこことは違う世界なんだよ。

陽介:留恵ちゃんの気持ちも分かる気がする。

留恵:そうでしょ。ツブしてあげなさい。

ナナ:ダメだって。

夏実:とにかく、由樹ちゃんを助けて、元の世界に帰ればいいんだね。

妖精:それは無理だね。

夏実:どうして?

妖精:この世界ともとの世界をつなぐトンネルが二つだけある。入国用と出国用。

夏実:出国用のトンネルを通ればいいんでしょ。

妖精:その出国用トンネルはヤツらの本拠地である会社の地下二階にある。

留恵:要するに乗り込まないとダメって事ね。

妖精:もし、侵入したことがばれたらタダでは済まない。

ナナ:ボコボコにされちゃうの?

妖精:たかーい入館税を取られる。

ナナ:結局、金かい!

夏実:さっきのトンネルからは出られないの?

妖精:あれが入国用だって分かんない?

夏実:そっか…。

陽介:由樹ちゃんもその本拠地にいるんでしょ。

妖精:だろうね。

留恵:でも、どう作戦を立てようかな。

妖精:出国用トンネルに通じる抜け穴があるけど小さいからお前らには無理。

夏実:さっき私たち世界で見たキラキラ光ってたのあなた?

妖精:こっちの世界は消費税が80%だから買い物に行ってた。

ナナ:高い…。

妖精:いろいろ教えてあげたから………お礼。

陽介:お前もかよ。

夏実:さっき拾ったキノコでもいい?

妖精:げ!ハッピー☆マッシュルーム!

夏実:はっぴーまっしゅるーむ?