Last Kitten Heart connection

夏実:わたし、ボーカルだ。

ナナ:いいの?それで?

留恵:由樹ちゃんどうしたの?仲間に入る?

由樹:そうじゃなくて………みんなそんなに仲良かったっけ?

留恵:…何を突然。当たり前でしょ。

由樹:そんなにボケ合うほどだったかなって。

陽介:どうしたの急に。

由樹:みんながみんなじゃないような気がして。

留恵:逆にこっちが聞きたいよ。助けたのはホントに由樹ちゃん?

由樹:そうだよ。

留恵:帰りのトンネルの中で泣きすがったのも由樹ちゃん?

由樹:………一応、そうだよ。

ナナ:一人じゃ、さみしい!ってね。

陽介:しかも猛ダッシュで追いかけて。

由樹:………全部、そうだよ。

夏実:でも、戻ってきてよかった。

留恵:ギター、ベース、キーボードとドラムができる。

ナナ:まだその話なの。

留恵:嫌なの!?

陽介:それに作詞は?

留恵:わたしがやっていいよ。

陽介:作曲は?

留恵:それは…がんばってやろうかなって。

陽介:機材は?

留恵:何とかする。

陽介:なんか泥船に乗せられそうな感じ。

ナナ:留恵ちゃんって、音楽センスあるの?

留恵:ない。

陽介:さてと、神経衰弱の続きやろう。

留恵:あ、わたしを捨てるつもり?!

陽介:じゃあね。

留恵:そうなんだ…。私なんかどうでもいいんだ。

陽介:うん。

留恵:ああ、あれでしょ。夏実ちゃんの方がいいんだ。

陽介:…。

留恵:なんか言ってよ。年上なんで嫌なんでしょ!

陽介:そういうことで二人で仲良くやるから。

夏実:ごめんね。バイバイ。

留恵:年下だからなんなのよ!

由樹:何そのミニコント。

ナナ:由樹ちゃん寝てたんじゃないの?

由樹:夏実ちゃんまで入ってきたのがビックリだよ。

夏実:やっぱりさっきのところもう少し感情入れた方がいいと思うよ。

由樹:しかも、ダメ出ししている!


留恵:だからさあ、CD出そうよ。

ナナ:出してどうする?

陽介:そんなにやりたかったら一人でやれば?

留恵:私一人でやれっていうの!

ナナ:うん。

留恵:…人って結局一人ぼっちなんだね。

陽介:寂しいこと言わないで!

留恵:陽ちゃん、ベース。

陽介:ええっ!

留恵:よしっ!これで三人。

ナナ:ほら、留恵ちゃんなんかに構うから…。

陽介:留恵ちゃんバンドに入れられてしまった。

留恵:ボーカルは夏実ちゃんだから、夏実ちゃんバンド。

陽介:どっちでもいいよ。

夏実:そういえば、留恵ちゃんって何担当?

留恵:ギターがやりたい。

陽介:弾けるの?

留恵:弾けない。

陽介:おいおい。

留恵:でも、おもしろそうじゃない。

陽介:まさか、憧れだけでやろうとしてない?

留恵:悪い?

陽介:留恵ちゃんって、いつも無計画だよね。

留恵:いつもじゃない!じゃあ、この旅行は?

陽介:はいはい。わかったよ。

夏実:二人とも仲良くして。

留恵:そうだぞ!

陽介:…わかったよ。

留恵:ボーカルもおっしゃっているし、バンドとしてやっていけないよ。

陽介:え!そっち。

ナナ:ラスきとじゃなく?

留恵:え?!なに?ナナちゃんも入りたいって。

ナナ:い、言ってない!

留恵:ドラムに対してそんなに熱い情熱を持ってたなんて知らなかったよ。

ナナ:持ってないからみんな知らないし。

留恵:由樹ちゃんも参加しなさい。

由樹:それって真面目に音楽やるんだよね。

留恵:そうだよ。

由樹:なんかコミカルな気がする。

留恵:曲と曲の間にコントしれるかもしれないけど。

由樹:コントとコントの間に曲じゃないよね。

留恵:なんてこと言うの。そんな気ないよ。

由樹:普段からそうじゃない。