Last Kitten Heart connection

夏実:クイズショー?

由樹:やっぱり旅館のイベント?

門番:レディース エーン ジェントルマン。

由樹:何でここだけ英語?

門番:さぁー、やって参りました!週に一度のハイテンションクイズプログラム、司会のDJ門番です!

ナナ:何?この陽気な男。

門番:今週のチャレンジャーは平均年齢番組史上最年少!群馬県からお越しのKitten Heartのみなさんです!

留恵:あ、どうも。

陽介:これ、何なの?

ナナ:テレビ番組かなんか?

由樹:そういえばなんか怪しい…。

陽介:いつの間にかチャレンジャーにされているし。

門番:さぁー、ここでルールの再確認をいたします。

由樹:ルールなんてあったんだ。

門番:4人一組(ペットを除く)で5問のクイズにチャレンジ!

ナナ:ペットかよ。

陽介:まあまあ。

門番:第一関門2問、第二関門2問、最終関門1問となっています。そして、見事連続正解で楽園7日間の旅にそのままご招待っ!

夏実:妖精さんが言っていた…あれ?

門番:では、第二関門の問題に行きます。

留恵:ちょっと待ってよ。第二関門?第一関門は?

門番:第一関門はお見事正解したではないですか?

留恵:いつ?だれが?

門番:先ほど。陽介さんと夏実さん。

留恵:そうなの?!

陽介:知らない。

夏実:私も。

留恵:そもそも第一関門って何だったの?

門番:ピンポン玉に書かれたクイズに○×で答える問題ですよ。

由樹:そういえば、旅館のピンポン玉、何個か番号が書かれていた気が…。

陽介:もしかして、あれか。

夏実:あれって?

陽介:回答スイッチってまさか地下室のドアノブ?

門番:そうですよ。

陽介:じゃあ、あれか。

門番:一問目が、『酸素とオゾン、ダイヤモンドと黒鉛。このような単体を同素体という。○か×』

陽介:確かに『○で』って言ったな。

門番:二問目が、『群馬県の県庁所在地は高崎市。○か×』

夏実:私も…『×だよ、これ』って言った気がする。

ナナ:正解は前橋市だし…。

由樹:つまり、第一関門はクイズ番号の書かれたピンポン玉を持ってきて答えるクイズだったのね。

留恵:終わったことはしょうがないよ。あと三問で何とかしよう。


門番:第二関門。一問一答クイズショーーーっ!!!さて、このクイズは………

夏実:留恵ちゃん…。どうする?

留恵:どうするもこうするも、やるしかないでしょ。

ナナ:とにかく変なトラブルだけは避けよう。

陽介:まあ、面倒なことに巻き込まれて帰ってこれるかわからないし。

留恵:何とか切り抜けるよ。

門番:………と、なっています。では、回答者は…由樹さん!

由樹:ええ!?

夏実:由樹ちゃん、がんばって。

由樹:こ、これって、問題に対して答えを言えばいいんだよね。

留恵:そうだよ。

陽介:由樹ちゃんの質問はクイズの基本を聞いていると思うが。

ナナ:緊張しているんだ。

由樹:ど、どうしよう?

留恵:由樹ちゃん。

由樹:な、なに?

留恵:―――間違えたっていいじゃないか。

由樹:………。

ナナ:由樹ちゃん、がんばれー。

門番:では、第3問目。酸性の溶液にリトマス試験紙を入れたら、試験紙は何色に変化する?

由樹:えっと…?何だっけ?

夏実:由樹ちゃん!

陽介:適当に出てきたものを答えればいいんだよ。

由樹:テキトーに………言われても…。

門番:5秒前。

由樹:適当…おおおぉぉぉ………。

門番:3秒前。

由樹:わかんないよ!

陽介:こっちに逆ギレされても。

由樹:赤だっけ?黄色だっけ?

門番:1秒前。

由樹:赤?

留恵:ああっ…。

門番:………………。

陽介:何このタメは?

由樹:ちょっと、笑っているよ。

門番:お見事正解っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

由樹:よく分からないけど、正解したみたい。

留恵:ばかっ。間違えろよ。

由樹:だって。

留恵:間違えれば、逃げられたかもしれなかったのに。

門番:第4問目の回答者は留恵さんっ!

留恵:私で阻止するよ。そうすればいいんでしょ?