Last Kitten Heart encounter

菜の花王国宮殿地下

留恵:離せっ。

由樹:痛いってば!

衛兵:この中に入ってろ。

由樹:イタイ!

留恵:蹴り飛ばしやがって。もう少し丁重に扱え。

由樹:か弱い女の子を!

留恵:お前は違う。

由樹:…そういう留恵ちゃんって、か弱い?

留恵:うるさい!

由樹:痛い、蹴らないで!

留恵:それでどうする?

由樹:牢獄に入れられたね。

留恵:この鉄格子、外れないかな?

由樹:どう?

留恵:あ、無理。頑丈だもの。

由樹:ねえ、ヘアピンでカギ開けてみるっていうのは?

留恵:ちょっとやってみる。

由樹:どう?

留恵:出来るか!なんかの見過ぎだよ。

由樹:ごめん。

留恵:まったく………もう。

由樹:ごめん。

留恵:だから捕まるんだよ。

由樹:関係ないって。

留恵:どういう理由で捕まったの?

由樹:存在そのものが怪しいって。

留恵:ブッ。

由樹:あ!笑ったな!

留恵:そうだろう、そうだろう。

由樹:留恵ちゃんだって、捕まったくせに。

留恵:この前、追いかけ回されたから変装したのに。

由樹:やっぱりダメだったね。

留恵:もし、捕まったら置いていくって冗談だよね?

由樹:だったら、私も置いてかれたの?

留恵:まあ、しょうがないか。

由樹:なに、その落ち着き?!

留恵:でも、どうなるんだろね。

由樹:何が?

留恵:何って、私たち。

由樹:処刑されちゃうのかな…?

留恵:グサリと一発。

由樹:やめてよ。

留恵:猛毒飲まされて…

由樹:いやー。

留恵:…ちょっと待てよ。

由樹:何?

留恵:私たちって、あさってまでにこの国から出ないと…。

由樹:そうだ。

留恵:まさか、このまま放置。

由樹:ここで終わるの?いやだー!!

衛兵:黙れ!静かにしろ。

由樹:はい。

衛兵:この中に入れ。

由樹:誰か入って来るみたいだよ。

留恵:そうみたいだね。

陽介:こ、こんにちは。

由樹:………。

ナナ:おじゃまします。

留恵:………。

夏実:よかった。みんな揃って。

留恵:………ここ、牢屋の中だぞ。

由樹:どうしたの?

夏実:捕まっちゃった。

陽介:でも、どうするの?助かるの?

由樹:助からないみたいだよ。どうしよう。

ナナ:どうなるの?

夏実:どうしようか?